2018/11/29 米国市場雑感

S&P500は-0.22%の2737.80。

寄付は売られるも20MAがサポートとなり反発。FOMC議事録が契機となり買われ、2547のレジスタンスを上抜けるものの2755のレジスタンス手前で失速。戻り売りされて始値付近で引けた。G20が控える中、2755を超えて積極的に買われる展開にはなれず、手仕舞いされた印象を受ける。

2755-2721(20MA)が短期的な相場の流れを占うレンジ。G20を控えての明日は、何かしらヘッドラインがない限りこの範囲内に収まるんじゃないかと考えているが、仮に、2755を上抜くなら期待上げ、20MAを悪なら期待下げで、週明けの相場の値動きの参考になりそうだ。

ストキャスティクスとRCI短期線にはまだ若干の上昇余地があるものの、CFDのストキャスとRCI短期線は買われ過ぎの水準に入っている。20MAサポートに小幅調整して上を目指すが、2680-2670付近をターゲットに一旦下げてから、どっちに向かうか逡巡するといった展開が考えられるが、何はともあれG20の結果待ち。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です