2018/12/10 米国市場雑感

S&P500(MACD/ストキャスティクス/RCI/RSI)

S&P500は+0.18%の2637.72。

レンジ下端から始まった寄付は売り強く、10月安値2603を割って2583をつけた後反転。以後値を揉んだものの、引けは買われて長い下髭の陽線引けとなった。2575-2585帯は出来高が多い価格帯なので、止まるべきところで下げ止まった印象。安値を割っての長い下髭で、チャネル上端から始まった下落相場にやりきった感があるものの、出来高が最近にしては少なく、下げ止まりかどうかは怪しい。Brexit関連の動きが警戒され、出来高が少なかったのかもしれない。

ストキャスティクスは反転の兆しを示す位置で、RSIも久々に上向いてきた。RCIの短期線はまだ下方向なれど、S&P500現物の時間足が下降トレンドをほぼブレイクしており、もうそろそろ一時的な反発ラリーが始まるかもしれない。2670-2680のレジスタンスとなっている価格帯を抜けれるかが、反発ラリーの強さを示す試金石になる。

S&P500時間足

なお、週足が雲を下抜けて始まっている点に注意したい。特に今日の足は雲の下端2640付近に頭を押さえられる形になっており、弱い週足のスタートになっている。S&P500現物の時間足が元の下降トレンドにもとった場合、明日は2600を割って引けることになる。

S&P500週足

とはいえ、ヘッドラインで動く相場が続いているので、反発するにしろ下を掘るにしろヘッドライン次第なところがなくもない。数少ない日程の読めるヘッドラインのうち、Brexitは議会採決が延期になったので、関連するヘッドラインは13-14日のEU首脳会議に持ち越し。来週のFOMCに向けては、株価の下落を押さえるような形で、来年度の利上げ打ち止めを示唆するような観測記事や要人発言が出てくるかもしれない。今日もそれらしい要人発言があり、反発を後押しした感がある。

※免責事項※
・当ブログの内容は筆者の調査に基づいておりますが、正当性を保証するものではありません。
・また本記事は投資行動を推奨するものではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です