2018/12/12 米国市場雑感

S&P500日足

S&P500は+0.54%の2651.07。

昨日同様、寄付から高く2670-2680帯のレジスタンスにアプローチ。一時は突破し2685の高値をつけたものの反落し、長い上髭の陰線引け。

ストキャスティクス31、RCI短期線-78で下降チャネルの中の相場とみるならば、ストキャスティクス80付近まで短期的な反発を考えたいところ。ただ、今日は時間足の雲に頭を押さえられたような形で反落しており、明日以降は雲が厚くなるので上値はより重たくなるか。2695付近まで上げられると、市場の雰囲気は変わってきそう。

英保守党の不信任投票を見据えてリスク回避で売りが出たとも考えられるが、信任の結果が出た後、最終的に時間外は下げている。

S&P500時間足

ちなみに、最近はS&P500よりNASDAQの方が元気が良い。安値を切り上げて逆三尊が見えており、今日は上髭の陰線引けだが、7090のレジスタンスがワークして引けている。MACDやRSIがダイバージェンスしており、S&P500と比べると幸先良さそう。逆三尊ならず、直近の相場は単なるベアフラッグという可能性もあるが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です