2018/12/13 米国市場雑感

S&P500日足

S&P500は-0.02%の2650.54。

値を荒らすようなヘッドラインがなく、凪いだ相場。最近の相場では実感の湧かなかった年の瀬を感じさせてくれる。ほぼ寄天で下げた後、2640付近で揉み合っていたが、引け前に買われて値を戻した。

RCI短期線は上向いたものの、先に反発の流れを見せたストキャスティクスは弱い。引けに買われる強さはあったものの、時間足の雲に頭を押さえられており、明日以降、雲が分厚くなることを考えると上値は重たそう。

S&P500時間足

S&P500やNASDAQの指数は凪いでいたが、RUSSEL2000は-1.5%と下落しており、何かしらのヘッドラインがあれば安値更新も視野に入ってきている。小型株が弱い状況は一貫して続いており、S&P500やNASDAQが反発しても、現状では元の強い相場に戻ることは考え難い。

※免責事項※
・当ブログの内容は筆者の調査に基づいておりますが、正当性を保証するものではありません。
・また本記事は投資行動を推奨するものではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です