2018/12/24 米国市場雑感

S&P500週足

S&P500は-2.71%の2351.10。

10日連続の陰線で日足が役立たず。 クリスマスの半ドンを狙った売り仕掛けと見れなくもないが、こうも連日下げられると判断つかない。

米国が朝になるとプレマーケットで大きく売りが入り、その流れのまま窓を開けて2400ギリギリからの寄付。2367をつけてから一時2400を超えてリバウンドする場面もあったが、前日安値付近がレジスタンスとなり及ばず。下げ幅を拡大し引けは強く売られた。時間外では2350を割り2330台まで売り込まれている。

次のサポートは2322であり、その直下2320-2300付近には2011年から続くトレンドラインがある。ここを破られると、月足ダブルトップの下値目標2100が視野に入ってくる。

今米国市場に起こっていることが、減税で生まれた他国とのギャップの埋め合わせだとすると、あと10%程度は下げ幅があるように思われる。この下げ幅10%と2100はなかなか収まりがよい。

2018年からの日足比較:S&P500(SPX), VEA(米国以外先進国), VWO(新興国)

12/17から崩れ始めていた公益株だが、今日は-4%を超える下げを見せ、一時は9月後半の安値に迫った。生活必需-2.8%、不動産-3.6%、ヘルスケアは-2.3%と、ディフェンシブ銘柄の売りが目立ち、まさにリスクオフといった相場になってきた。

公益セクター日足(XLU)

FOMCの失敗だけで終わる可能性があった相場に、ムニューシンとトランプがガソリンをぶっかけ浴びせ、収拾がつかなくなりつつある。政府機関の閉鎖が解かれれば多少の反発材料になるだろうか、それだけで鎮火するとも思えない。ムニューシンやパウエルの更迭や辞任などでさらなる市場混乱が起きなければ良いが。

※免責事項※
・当ブログの内容は筆者の調査に基づいておりますが、正当性を保証するものではありません。
・また本記事は投資行動を推奨するものではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です