2018/01/08 米国市場雑感

S&P500日足

S&P500は++0.97%の2574.41。

寄付で2579をつけたが反落し、2547まで下落。以後は徐々に買われての陽線引け。日足ストキャスティクス95、RCI短期線73と買いに過熱感のある水準で首つり線のような足。2580-2600のレジスタンスとなる価格帯目前であり、買いがたい感じになってきた。明日下げて陰線になれば宵の明星になり、強固なサポートとトレンドラインのある2520あたりまでは下げるかもしれない。

VIXは節目となる20台まで下がってきた。直近安値である12/13を割ってきたという意味でも節目。

ハイイールド債(HYG)は窓を開けての陽線が続いているが、レジスタンスと日足雲下端に差し掛かり、三空踏み上げでそろそろ利益確定の売りが入りそうに見える。

ただし、それまでガンガンに売られてきた反動のショートカバーとも考えられ、この勢いのまま83.9-84.0のレジスタンス帯に挑戦する可能性もある。この場合、S&P500は2600超えしそうだ。

米中貿易協議は、当初の予定を延長しての会議継続となった。とあれば、何らかの進展を示すようなヘッドラインが出てくる可能性があり不意の値動きに注意したい。ヘッドラインの内容にもよるが、出て買われるか、出て売られるかは、今の相場の試金石になる。

また、明日はFOMC議事録公開、明後日はパウエル議長講演と、何かなくても相場が動きそうなイベントがある。

・短期方針
―利確:SPX2500付近。2520がサポートになったら-2*261callはクローズ。
-損切:引け値でショートポジションの権利行使価格に達したとき。
※ただし、SPY261,262はSPX2620からの反落有無を1日程度見極め、反落しないなら損切り。
-新規①:SPX2500でcall-2*putのリスクリバーサル検討。SPY260あたり狙い。
-新規②:SPX2500→2520反発でput-2*callのリスクリバーサル検討。SPY245付近狙い。 

・持ち越し
SPY 251put -2*264call
SPY 246put -2*263call 
SPY 244put -2*261call 
SPY 242put -2*262call 
SPY 240put -2*264call


※免責事項※
・当ブログの内容は筆者の調査に基づいておりますが、正当性を保証するものではありません。
・また本記事は投資行動を推奨するものではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です