2019/01/15 米国市場雑感

S&P500日足

S&P500は+1.07%の2610.30。

アジア時間から買い強く、一時JMPの決算外し等でぐだる場面はあったが、その勢いのまま寄付後すぐに2600突破。Brexit決議前に若干手仕舞いの売りが走ったものの2595がサポートとなり、大方の予想通り否決されると再び買われ2600台復帰。8日連続の陽線。

当面は2620-2635のレジスタンスとなる価格帯との勝負になるか。2635には50MAがあり、ここを突破できると2670まで見えてくるものの、週足の雲の下端が2640にあるので、付近の上値は重たそう。

S&P500週足

・短期方針
―利確:SPX2530付近。2560付近で揉むようなら損益次第でクローズ。
-損切:引け値でショートポジションの権利行使価格に達したとき。
※ただし、SPY263.5,はSPX2635からの反落有無を数日程度見極め、反落しないなら損切り。
-新規①:put-2*callのリスクリバーサル。
-新規②:call-2*putのリスクリバーサル。

・持ち越し
SPY 254put -2*266call
SPY 252put -2*265call
SPY 251put -2*264call
SPY 250.5put -2*263.5call
SPY 246put -2*263call
SPY 264call -2*put 251 ※新規
SPY short put 249.5put ※新規

・クローズ
なし。

※免責事項※
・当ブログの内容は筆者の調査に基づいておりますが、正当性を保証するものではありません。
・また本記事は投資行動を推奨するものではありません。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です