2018/01/17 米国市場雑感

S&P500日足

S&P500は+0.76%の2635.96。

寄付前の時間外では2600を割る場面はあったものの、市場が開けてからは値を取り戻しじり上げ。昨日高値付近で揉み合う中、米中貿易関連のヘッドラインで急騰し一時2645をつける。直後、ヘッドラインを打ち消す報道が入り売られたものの、昨日高値をブレイクしての2630台を維持して引けた。10日連続の陽線。

2620のレジスタンスを突破し、50MAを上抜いた。ストキャスティクス、RCI短期線は買われすぎ圏内が続くが、RSIには買い手の勢いが衰えている兆候が見られない。次のレジスタンスは2670-2680帯。2640付近にある週足雲下端付近の攻防も気になるところ。週足MACDのゴールデンクロスが見えてきている。

S&P500週足

・短期方針
―利確:SPX2530付近。2560付近で揉むようなら損益次第でクローズ。
-損切:引け値でショートポジションの権利行使価格に達したとき。
※ただし、SPY263.5,はSPX2635からの反落有無を数日程度見極め、反落しないなら損切り。
-新規①:put-2*callのリスクリバーサル。
-新規②:call-2*putのリスクリバーサル。
-新規③:put売り

・持ち越し
SPY 258put -2*267call ※新規 
SPY 254put -2*266call
SPY 252put -2*265call
SPY 251put -2*264call
SPY 250.5put -2*263.5call 
SPY 246put -2*263call
SPY 264call -2*put 251

SPY short put 251.5put
SPY short put 249.5put

・クローズ
SPY short put 249.5put 一部

※免責事項※
・当ブログの内容は筆者の調査に基づいておりますが、正当性を保証するものではありません。
・また本記事は投資行動を推奨するものではありません。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です